Saka-j@松戸車輛のブログ

西国立集会場にて(3/15)

今回は西武マニアさんと二人での訪問です(^^)

集会場へは10年ぶりの訪問、
その後も作品を多く増備されていて、
変わらぬパワーを感じました。
自分が地面に注力している間に、
車輛を製作(増備)され続けておられた訳で、
当然とも言えるボリュームでしたね(^^)

・・・・・・

作品については
やはり自作のOゲージ車輛が一番多く、
16番作品についてはやや控えめでしょうか。
OJ完成品の増備も凄いことになっていました(^^

※前回のリポートは

邸宅を外周する5インチレールも健在で、
線路の錆の進みに萌えてしまいました。

※キンコン押す前にマニアさんとしばし眺めていましたよw


まず、アジトへの通過点である工作室では
懐かしい作品(多摩モノレール/紙全自作)がお迎えしてくれました(^^)


製作中の新作(1/45、E26系)もちらっと拝見(^^)
コレは曲げたくないですよね?w

そしてアジトへ、、
以下、画像が多いですが一見の価値ありです(^^)


OJ単線を行くEF62


キハ82/OJゲージ(完成品)
80系/Oゲージ(紙自作)
70系/Oゲージ(紙自作)


EF65-500/OJ(完成品)


古いエンドウの115系と湘南色に塗り替えられた185系


カンタムのスワローエンジェル(16番)牽引のニセコ編成


古い完成品の跨線橋(エンドウ)


上の完成品をイメージして、自作された跨線橋。
この日に乗車したE233(南武線)も当然の増備ですね。


ヤードで休むキハ261(16番)
複々線化工事もとっくに完了されていたようです。


懐かしいパックも現役で稼働


定位置に保存される紙の飯田線電車達(16番)


つばさも並んでいました(HO1/87)
中間にフリーの食堂車が組み込まれ、
魅力的な編成に仕上がっていました。
ブラス完成品に紙自作車体が違和感無く組み込まれていた点が
流石でしたw


手前のEF62(OJ)牽引列車のおしりにはEF63の2輛がくっついていました。

クモニ83-100から奥がOゲージ自作電車群です。
変わることなく秀逸な仕上がりでした(^^)


181系(朱鷺)9連、紙全自作の傑作。
快調な走りもお見事でした。


お家芸の湘南顔に金太郎塗り。
全くブレがありません。
この80系はあの映画にも出演しています(^^)


62牽引のマニ60(OJゲージ)はヒルマモデルクラフトの
ペーパーキット組立。


下り向きのクハ181(Oゲージ)


ボンネットはアガチスからの削り出し(^^;
乱れの無い全艶も流石です。


上り向きはあのクハ180、究極の個体美を放っています(^^)




西武マニアさんもお気に入りのセッテEF63(OJ)
かなり欲しがっておられましたw




1/45と1/80対比
クモユニは紙成りで講師を務められた際のもの。


引っ張り出してパシャ!w
ちなみにこの電車、自家製の吊り掛け駆動です。


カンタムがお好きだそうで、、ぽつんと佇んでいました。


劣化を感じさせない保管、TMS特選の64です(^^)




OJは、下から見るものw

そして登場、紙全自作のED62(Oゲージ)



これはもう名人芸ですね(^^)


塗り分けも素晴らしいヤゴイチ(16番、エンドウキット組み)


ところ狭しとならぶ高崎第二機関区の釜達


インサイドの旧製品も大切に保管されています。







下は1/45で製作の進む食パン電車達(紙自作)
高崎の並びに期待ですね〜(^^)









OJは下から見るもの(^^;バキ



運転士が見える(OJ)

次の計画も進行中とのことw




最後は記念撮影を(^^)


・・・・・・・・・・

久しぶりにお邪魔しましたが、
変わることなく前進される木村師匠でした(^^)
10年という時の流れの速さを感じた酒Jでした。

木村さん、
このたびは、お招き頂き有り難うございました。
またお願い申し上げます(^^)


スポンサーサイト
プロフィール

Saka-j@松戸車両

Author:Saka-j@松戸車両
ひたすらに将棋
千葉県松戸市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR