Saka-j@松戸車輛のブログ 80系電車(紙キット)の製作(25)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80系電車(紙キット)の製作(25)

その後ものんびりと、、作図をしています。

マシンのレーザー幅が約0.2mmとのことで、
切り出したモノの輪郭は0.2mm痩せ、
切り抜いた穴の内寸は0.2mm太るという特性を
頭に入れつつ作図しています。
従来の刃物を使った施工と比べると、結構な太さと言えます。

例えば、10.0×10.0mmの穴を開けるには、
9.8×9.8mmの作図をする必要があり、
また外寸10.0×10.0mm部品を切り出すには、
10.2mm×10.2mmの作図をする必要があります。
こういった事を念頭に置きながら作業しています。

刃物よりやや太いというのがデメリットですが、
メクレ、バリ対応の面研磨の必要がほぼ無いという点が、
精度上のメリットとなります。
(サフェコートだけで、ほぼ下地が決まってしまう!)

これに加え高い生産効率が乗っかる訳で、
まぁ、使いこなす価値は十分にありますね〜

下の画像はハチゴーの前面窓部です。



モデラー泣かせのこの部分、
繊細な作業が求められる重要項目となりますが、
Hガネの部分についてはアルミ材から切り出すと、、
仕上げ時かなりラクになるかな?と考えています。

とはいえ、上のままとは行きませんね〜
出力時、修正を繰り返すことになりそうです(^^;
このままではHゴムについても簡単にちぎれてしまいますし。

作図を続けていたら、
クハ85101(長モト)あたりを試作車体にしたくなって来ました(^^)
スポンサーサイト
プロフィール

Saka-j@松戸車両

Author:Saka-j@松戸車両
ひたすらに将棋
千葉県松戸市在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。